蒔絵と美味しい物と私

新潟県在住アラフォー♀。 蒔絵描き。元DTPデザインしてました。ぽっちゃりアラサーです。日本の歴史ある伝統的な芸術が好きです。

タグ:ドラマ

つい最近
ドラマ「おっさんずラブ」に沼っていたら
主演の俳優さんにも沼る始末
daradara_woman_syufu

今期の「リターンズ」では1人2役を演じていて
一粒で二度美味しいんだわ


主役のいい人キャラと違って、声色もクールで生意気な刑事役
生意気なんだけどなまら恰好良いんだわ
物語的には、殉職後も和泉さんがずっと囚われている魅惑の人物

インタビューで
「短い時間の中にも、秋斗(田中圭)というキャラクターや、
 和泉(井浦新)の説得力みたいなものを何とか埋められたらいいなと思って、真剣に演じています」

…とあった
自分の役がこうだからああいう演技だ、じゃなく
他の役に深みを与えたい、という様な上記発言に痺れた

ほんとコレなんだ↓
自分の演じる役柄だけでなく、
作品全体の熱量を上げることに献身する「表現者」の領域に踏み込んでいる役者です
(御法川監督公式Twitter)

00066



深夜ドラマなのに主役級の俳優陣5人が
わちゃわちゃと喧嘩?もはやプロレス?
するシーンが、大分面白い

お芝居の事は分からないけど
田中圭さんのお芝居は「受け」芝居らしい


こんな↓文章も見つけた

自分がどうやると相手がやりやすいのか、
気持ちをもっと出せるのか、といったことをすごく考え抜いて、
相手が〝上がる‘’ お芝居をする

それはキャリア20年以上の積み重ねの結果であり、
主演以外の経験も豊富、というところが
田中圭さんの強みでもあるのかもしれない、と感じています

(鈴間広枝プロデューサー entax)



どこがアドリブなのか
もはや全てアドリブなのか分からないけれど
それを「受け」まくる田中圭さん
林遣都さんの本気具合
そして吉田鋼太郎さんが一番声が出てて毎度笑ってしまう










にほんブログ村 美術ブログへ


大分前に人から勧められて
気になっていたドラマ
おっさんずラブ

U-NEXTで2018年放送の第1期があったので
何となく観ていたら
まんまとハマった


daradara_woman_syufu


このドラマ…一言でいうと
おっさん同士のピュアな恋愛模様を
切なくもユーモアたっぷりな演出で
テンポよく進んでいくドラマ
(一言じゃない)


同性同士の恋愛という設定は
切なくてその部分は茶化さないドラマだけど
おっさんがおっさんを取り合うバトルシーンは
〝コメディ〟感たっぷり

驚きなのは役者さん同士が
アドリブたっぷりで演じているらしい事
(田中圭さんは笑ってしまって後ろを向くらしい)


00062

(似せる気がない)





第1期が面白かったので
第2期のおっさんずラブ in the skyというのを拝見したら

あれ?
ええ??
mark_question

第1期の続きではなく、役名はそのままで
全く違う世界線のパラレルワールドだった
この様な作り方は珍しくて驚き



コチラの設定も
おっさんがおっさんを取り合うという構図で
なんならコメディシーンがパワーアップしていた
(吉田杯卓球大会が好き)

そして切なさもパワーアップして何なら泣ける
ラストに向かって胸が苦しくなる展開でオススメ
(戸次さんと田中さんの2人のシーンが泣けた)



ちなみに今クールで第1期の続編が放送中

笑って泣ける「おっさんずラブ シリーズ」
足を踏み入れてみると意外とハマるかも?








にほんブログ村 にほんブログ村へ




ねぇねぇ、
「へーー……」で終わる話題なんだけどさ、
芸人のコロッケさんが
ついに『コロッケ屋』さんを始めるらしいよw



ついに手を出したのかー!と思わずニヤッとしてしまった
コロッケ好きだから、新潟にも進出したら買おう~




□■□■□■□■□




やーまた雪が降って…
寒い寒い冬に逆戻りだわね

お家で引きこもってる時、
主に撮り溜めた連ドラを観てるんだけど

最近は何と言ってもコレ

「天国と地獄~サイコな2人~」



面白いわ~~~

daradara_woman_syufu



女性刑事とサイコパスな殺人鬼
「魂」が入れ替わる話なの

「善と悪」「女と男」「刑事と殺人鬼」
人生が逆転した2人は一体どうなるのか?
という、はなし


今、中盤あたりなんだけど、
より事態は深刻になっていくばかりなの
でも、そこまでシリアスじゃなくて、ポップな感じで見やすいよ



□■□■□■□■□



そこで、
高橋一生さんが、女性の演技をするんだけど
すごくお上手でビックリ(女性に見えるんだわ…)

綾瀬さんも、目がちっとも笑ってない笑顔
サイコ感あふれてて良い
もともと男前な顔つきだから、とても合ってるの



00026



入れ替わった瞬間から、
ガラッと変わったお2人の演技力に、
ただただ「すご…」と思うばかり



最新話ならTVerで観れるYO
リンク貼っておくYO




テレビ放送だと日曜日らしいので
要チェックや!(←スラムダンク風)















にほんブログ村 にほんブログ村へ









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ









日常の生活の話
テレビドラマ














トキオの長瀬さんが
表舞台から退くと聞いて
あぁマコッちゃんが…
と思った方も少なくないのでは…


「池袋ウエストゲートパーク」(IWGP)
1回だけ2時間スペシャルで帰ってきましたね
その時のお話が↑の小説「骨音」でした
私が一番最初に買ったIWGPシリーズ

********************************

主人公マコトを演じたのが長瀬さん
私は今でも小説を読む時
当時の長瀬さんが浮かんできます

小説だともっと頭脳派で
考える時はクラシックを
聴くようなキャラなのですが
よくあそこまで
ぶっ飛んだキャラにできたな、と

同じくぶっ飛んでいたのが
窪塚さんが演じたキング
小説では「氷の王様」と
言われるほどクール
それがドラマではお茶目で
半狂乱で危ないヤツ

でもドラマ最終回は
落ち着いたマコトとクールなキング
が出てきますよね
小説版のような2人に痺れました

********************************

20年前の東京の
荒々しい空気や
混沌とした雰囲気を
田舎住みの私は
「東京ってこんなところなんだ」
とワクワクして作品を見ていたのを
今でも思い出します

ともあれ具現化してくれた長瀬さん
お疲れ様でございました

このページのトップヘ